ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
史跡慧日寺跡
トップページ > 史跡慧日寺跡 > 甦る古代金堂 慧日寺金堂の復元【第19回】 落成式

甦る古代金堂 慧日寺金堂の復元【第19回】 落成式

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月2日更新
~甦る古代金堂~ 慧日寺金堂の復元  

平成20年4月24日(木曜日)、本寺地区史跡慧日寺跡内において、金堂落成式が行われました。

金堂落成式

式典は、町内外から関係者や来賓166名が出席し、神事と仏事の双方により進められ、佐藤雄平福島県知事、遠藤忠一県議会議長、多川俊映法相宗大本山興福寺貫首、松久保秀胤法相宗大本山薬師寺長臈らが玉ぐしをささげ、焼香を行い、金堂の完成を祝いました。

町長のあいさつ県知事の祝辞
町長あいさつ               県知事祝辞

史跡慧日寺跡は、昭和45年に国の史跡に指定されて以来、会津仏教文化発祥の地として町をあげてその保護と保存に努めて参りました。また、発掘調査と同時に整備計画の検討・策定を進めて参りました。

伊藤住職による仏事 土屋宮司による神事
恵日寺 伊藤住職による仏事         磐梯神社 土屋宮司による神事

ここに平成17年度からの3年に渡る復元工事が竣工を迎え、町民皆様の長年の悲願がでありました史跡慧日寺跡金堂が、千二百年の時を超えて往事の姿を取り戻しました。

金堂からの木ざし桜 金堂内部
復元された金堂から木ざし桜を望む      金堂内部

 

今回の金堂復元工事は国指定の寺院跡の中心的建造物の復元としては全国初の事業となります。

今後は、歴史文化の発信と観光振興の新たな核として大いに活用されることが期待されます。

甦る古代金堂 慧日寺金堂の復元シリーズ

第1回 基礎工事
第2回 原寸図の検討
第3回 屋根材の加工
第4回 柱材の加工
第5回 塗装 その1 赤
第6回 現地組み立て その1
第7回 塗装 その2 緑・黄・白
第8回 現地組み立て その2
第9回 現地組み立て その3
第10回 現地組み立て その4
第11回 現地組み立て その5
第12回 現地組み立て その6
第13回 現地組み立て その7
第14回 現地組み立て その8
第15回 現地組み立て その9
第16回 金具・須弥壇の漆塗り
第17回 現地組み立て その10
第18回 竣工
第19回 落成式
第20回 一般公開

このページの先頭へ