ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
史跡慧日寺跡
トップページ > 史跡慧日寺跡 > 甦る古代金堂 慧日寺金堂の復元【第2回】 原寸図の検討

甦る古代金堂 慧日寺金堂の復元【第2回】 原寸図の検討

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月19日更新

~甦る古代金堂~ 慧日寺金堂の復元 

寺社建築では、材木の加工に入る前に建物全体のバランスを確認・調整するため、まず設計図を基にして原寸大の図面が引かれます。この原寸図と設計図を照らし合わせながら、ひとつひとつの部材の形や大きさ、さらには反りや厚さなどを細かく調整していきます。

調整後の原寸図をもとに各部材の切り出し・加工が行われるため、建築に先立って行われる重要な工程のひとつです。

  1. 工場には加工作業場のほかに原寸場と呼ばれる広大な一室が併設されます。そこでは、施主・設計・施工が一同に会し、原寸図をもとに細部の検討を行います。
    原寸図と設計図の照合作業の写真
    原寸図と設計図を照合します
    体育館のような広い場所の写真    原寸図修正作業の写真
    原寸図を引くには、体育館のような広い場所が必要 調整を重ねて原寸図を修正していきます
                                下矢印
  2. 原寸図の修正が終わると、それに沿って型板が切り取られ、部材型取りの原版ができあがります。
    型板の写真1    型板の写真2
    型板は同じ部材をいくつも切り出すために必要    組物の型板
                                下矢印
    型取り作業の写真
    材木に型板をあてて型取りを行う
                   下矢印
    材木を刻む作業の写真
    型取りされた材木を刻む
                   下矢印
  3. 型板をもとに切り出された部材は、その後人手によって丁寧に仕上げられていきます。 切り出された虹梁の写真      槍鉋で仕上げ作業の写真
    切り出された虹梁(こうりょう)(1次加工)      槍鉋(やりがんな)仕上げ

甦る古代金堂 慧日寺金堂の復元シリーズ

第1回 基礎工事
第2回 原寸図の検討
第3回 屋根材の加工
第4回 柱材の加工
第5回 塗装 その1 赤
第6回 現地組み立て その1
第7回 塗装 その2 緑・黄・白
第8回 現地組み立て その2
第9回 現地組み立て その3
第10回 現地組み立て その4
第11回 現地組み立て その5
第12回 現地組み立て その6
第13回 現地組み立て その7
第14回 現地組み立て その8
第15回 現地組み立て その9
第16回 金具・須弥壇の漆塗り
第17回 現地組み立て その10
第18回 竣工
第19回 落成式
第20回 一般公開

このページの先頭へ