ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
史跡慧日寺跡
トップページ > 史跡慧日寺跡 > 甦る古代金堂 慧日寺金堂の復元【第17回】 現地組み立て その10

甦る古代金堂 慧日寺金堂の復元【第17回】 現地組み立て その10

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月4日更新
~甦る古代金堂~ 慧日寺金堂の復元  

平成17年12月から2年4ヶ月にわたり取り組んできた金堂復元工事も、今月末をもっていよいよ竣工を迎えます。

現地では冬期の養生期間を経て、2月下旬からは須弥壇の設置・塗り仕上げ、堂内の壁の漆喰仕上げ、扉金具類の取り付け、管理用設備の設置など内部の仕上げ工程に取り組んでいます。

扉金具の設置

金堂の扉は側面・背面も含めると8箇所16枚にもおよびます。そのすべてにさまざまな形状・役割の扉金具が取り付けられますが、その一例を正面扉の設置で紹介しましょう。

扉の軸を受ける軸穴 杓子状の金物の取り付け
上下の長押に、扉の軸を受ける6cm程の   扉の上下端には軸穴に差し込む
軸穴を開け軸受け金物を設置します      杓子状の金物を取り付けます
       下矢印
扉の設置作業
扉の軸を、上・下の順に軸穴に落とし込んで扉を設置します

 

八奴金具
軸元を補強する八双金具を鋲で留めます
八奴金具は扉の上下に
八双金具は扉の上下に取り付けます
扉内側からみた八奴金具と戸締り金物
扉内側から見た八双金具と戸締り金物(中央)

 須弥壇の据付け

別工房で漆塗り作業が進められた須弥壇が2月末に金堂内に運び込まれ、据付け工事が始まりました。幅7月5日mにも及ぶ大型の須弥壇のため、天板は6枚に分けて塗り作業を行いました。したがって、現地での据付け後、継ぎ目は再度布着せからの工程が必要となります。

框部分の設置  鏡面のような輝き
鏡面のような輝き        框部分の設置
来迎壁前に設置された須弥壇
来迎壁前に設置された須弥壇
継ぎ目の布着せ作業
継ぎ目の布着せ作業

甦る古代金堂 慧日寺金堂の復元シリーズ

第1回 基礎工事
第2回 原寸図の検討
第3回 屋根材の加工
第4回 柱材の加工
第5回 塗装 その1 赤
第6回 現地組み立て その1
第7回 塗装 その2 緑・黄・白
第8回 現地組み立て その2
第9回 現地組み立て その3
第10回 現地組み立て その4
第11回 現地組み立て その5
第12回 現地組み立て その6
第13回 現地組み立て その7
第14回 現地組み立て その8
第15回 現地組み立て その9
第16回 金具・須弥壇の漆塗り
第17回 現地組み立て その10
第18回 竣工
第19回 落成式
第20回 一般公開

このページの先頭へ