ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ごみ処理方法:資源ごみ

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月1日更新

ごみの出し方についてのお願い

  • 町が収集しているごみの量が、前年度より6.7%増加しています。(7月末現在)
  • ごみは、町民一人ひとりの工夫で減量することができます。
  • この機会に、毎日出るごみについて、もう一度各家庭で話し合い、ごみの減量化にご協力願います。

資源ごみの出し方

空き缶・空き瓶・ペットボトル・古紙類・プラスチック製容器包装は、リサイクルできる有用な資源です。可燃ごみや不燃ごみとして出さずに資源ごみとして出してください。

資源ごみの分類
空き缶飲料用の缶・缶詰の缶・菓子缶・ドックフード缶等は水洗いをしてごみ収集ステーションに設置してある回収コンテナに、スチール・アルミごとに分けて入れてください。
空き瓶キャップをはずし、水洗いをしてから、透明・茶色・その他の色に分けてそれぞれの回収コンテナに入れてください。
ペットボトル素材マーク番号1の入っているペットボトルは、キャップをはずし、水洗いをしてからごみ収集ステーションに設置してあるメッシュの回収コンテナに、入れてください。
古紙類新聞・雑誌類やダンボール・紙パック・紙箱などの紙製容器包装は、種類ごとに分別して紙ひもで縛って出してください。
プラスチック主な対象品目はポリ袋・ラップ類・トレイ類・パック類・カップ類・ボトル類・チューブ類・ふたその他発泡スチロール製の緩衝材類です。食品等の内容物が付着している場合には洗ってから指定されたごみ袋に入れて出してください。

関連情報

平成27年度 磐梯町ごみ分別収集日程表(全地区共通)
ゴミ処理方法へ戻る
ごみの焼却はやめましょう!!
「プラスチック製容器包装」の分別収集のお知らせ
紙類の分別収集ついて