ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
史跡慧日寺跡
トップページ > 史跡慧日寺跡 > 甦る古代の伽藍 慧日寺中門の復元【第3回】 木工事 その1

甦る古代の伽藍 慧日寺中門の復元【第3回】 木工事 その1

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月6日更新
~甦る古代の伽藍~ 慧日寺中門の復元

現地組立てに先立って、京都で行われた木工事の状況を紹介します。

原寸図の検討

工場での木工事に先立って、まず行われるのが原寸図の検討です。各部材の形や取合いなど、細部を決める重要な工程で、左の写真に見るように、屋内の広い場所に原寸大の図面を引いて、設計・施工立会いの下図面の確認・調整を行います。この原寸図に基づいて各部材の型板が作られます。

原寸図検討の様子の写真
京都の工場で行われた、原寸図検討の様子

部材の加工

柱に用いるヒノキは、背割れを入れてしばらく乾燥させた後に丸柱へと加工しました。金堂と同様に、柱の最終仕上げにはヤリガンナを用い、その後に塗装を行いました。

ヒノキの原木の写真  加工中の12本の柱の写真
中門に用いるヒノキの原木           加工中の12本の柱
ヤリガンナで仕上げ作業の写真  ベンガラ塗装作業の写真
表面はヤリガンナで仕上げます        ベンガラ塗装を施します

同じ形の部材をいくつも必要とする組物や虹梁などの部材は、原寸図をもとに型板が切られ、それを木材に写し取って切り出し加工が行われます。

組物一斗の加工作業の写真  組物一肘木の仕上げ作業の写真
組物-斗の加工                組物-肘木の仕上げ
虹梁の加工作業の写真
虹梁の加工

 

加工された各部材は、組み合わせる他の部材に実際にあてがって、ぴたりと組み合わさるまで調整加工を繰り返します。

柱のひかりつけ作業の写真  柱・地覆と礎石の調整作業の写真
柱のひかりつけ                柱・地覆と礎石の調整
蟇股と虹梁の取り付き具合の調整作業の写真
蟇股と虹梁の取り付き具合の調整

甦る古代の伽藍 慧日寺中門の復元シリーズ

第1回 基礎工事
第2回 復元中門の仕様・立柱・壁工事
第3回 木工事 その1
第4回 木工事 その2
第5回 木工事 その3 壁工事-中塗り
第6回 壁工事-漆喰仕上げ、屋根葺き工事
第7回 屋根葺き工事
第8回 中門復元工事竣工

このページの先頭へ