ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
デジタル変革戦略室
トップページ > デジタル変革戦略室 > 防災行政無線による定時放送の音楽を 町内の子ども達の演奏に変更します

防災行政無線による定時放送の音楽を 町内の子ども達の演奏に変更します

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月28日更新

 2021年11月1日より、防災行政無線による定時放送の音楽を町内の子ども達の演奏に変更します。使用する音源は、コロナ禍で演奏を披露する場が減ったアンサンブル部等の音源です。この取り組みは、SNSで投稿された町民の声を職員が見つけたこときっかけに実現しました。

 磐梯町は今後も、様々な手段で町民の声を聴き、「誰もが自分らしく生きられる共生社会の共創」の実現にむけて変革を続けて参ります

【プレスリリース】防災行政無線による定時放送の音楽を町の子ども達の演奏に変更します [PDFファイル/417KB]

コロナ禍で演奏の場が減った子ども達の演奏を活用

 コロナ禍の影響で様々な学校行事が中止・延期となり、磐梯町内でも子ども達の発表の場が減少しておりました。今回、防災無線の音楽として、磐梯町の小学生、中学生の演奏を取り入れることで、町民を中心に多くの方に子ども達の演奏を届けます。(左:磐梯中学校 アンサンブル部  右:磐梯第二小学校 3年生以上全児童の演奏)

中学校    二小

放送時間と使用楽曲

12:00   磐梯中学校    「ソロモンの指輪」
18:00   磐梯第二小学校 「オペラ座の怪人」

担当の先生方のコメント

磐梯中学校 アンサンブル部顧問 伊藤ふみ子先生
磐梯中学校アンサンブル部は、少人数の吹奏楽です。まだまだつたない演奏ですが、町の定時放送となることに、びっくりするとともに嬉しく思っています。コロナが収まったら、もっと良い演奏を町民の皆様にお届けできるよう、意欲を新たに練習に取り組んでいます。

磐梯第二小学校 指揮 中村豊子先生
コロナ禍で、様々な規制を克服して作り上げた子どもたちの合奏。毎日、耳にすることができるなんて、何て素敵なことでしょう。いつまでも思い出に残る一曲となりました。磐梯町の皆様のお心遣いに感謝いたします。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)