ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
デジタル変革戦略室
トップページ > デジタル変革戦略室 > 第2回 磐梯町議会デジタル変革検討委員会を開催

第2回 磐梯町議会デジタル変革検討委員会を開催

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月15日更新

第2回 磐梯町議会デジタル変革検討委員会を開催

 令和2年5月15日、第2回磐梯町議会デジタル変革検討委員会(小林修治委員長)が開催されました。(1)検討委員会の目的及び調査検討事項について、(2)議会のペーパレス化の模擬体験、タブレット端末を体験、(3)議会のオンライン開催等に向けた提言書(素案)について、(4)今後のスケジュールについて、検討しました。

 まずは、前回の検討委員会に引き続き、目的と調査検討事項について再確認しました。
検討委員会②-1

 次に、各委員が貸与されたタブレット端末を用いて、ぺーパレス化を体験しました。また、各委員が実際に別々の部屋に分かれてオンラインによる模擬委員会の実証実験を行いました。さらに、実証実験の中では、3月定例会の実際の議案をデータ化し、ペーパレスシステム、オンライン会議ツールそして電子表決システムを用いて、「遠隔出席」「遠隔審議」「遠隔表決」の全てを行いました。
 この結果、技術面においては、「遠隔出席」「遠隔審議」「遠隔表決」の全てが問題なく実施可能であることが確認されました。一方で、運用においていくつか改善すべき課題があることも確認されました。
 なお、この実証実験にあたり、ペーパレスシステムと電子表決システムを東京インタープレイ様よりご提供頂いており、それらを活用しました。
検討委員会②-2

 続いて、前回の検討委員会の結果も踏まえた「議会のオンライン開催等に向けた提言書(素案)」を検討しました。模擬委員会の体験結果も踏まえ、それらの課題を解消するための建設的な議論が交わされました。この検討結果も踏まえ、全委員一致で最終案の内容は委員長に一任しました。

 最後に、5月26日開催予定の全員協議会に提言書を提出し、全議員における議論・決定の場に提言書が諮られることを全委員一致で承認しました。
 なお、本日の検討委員会には、弁護士の椎名毅氏(椎名つよし法律事務所代表、一般社団法人Publitech監事)にオンライン会議システムでご参加頂き、主に法律についての専門的知見について、ご意見、ご助言を頂きました。

●椎名 毅 氏の略歴
・1975年11月20日生まれ
・弁護士、税理士
・東京大学法学部卒業
・ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス及びコロンビア大学国際公共政策大学院修士課程修了
・ローファーム・法律事務所等を経て、国会東京電力福島原子力事故調査委員会事務局、衆議院議員を歴任
・現在、椎名つよし法律事務所代表
・一般社団法人Publitech監事

議会のオンライン開催等に向けた提言書(素案) [PDFファイル/136KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)