ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

楽しい食生活を送るために [1]

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月1日更新

私達が生きていくためには食物を食べて体に必要な栄養を摂らなければなりません。食物は口に入ると歯によって細かく噛みくだかれ、飲み込みやすくかつ消化されやすい形で胃に送り込まれます。歯を失えば、食への楽しみを損ねるだけでなく、健康や審美性(容貌)にも影響を及ぼします。

歯を失う主な要因である虫歯や歯周病(歯槽膿漏)は、口の中に存在する汚れ(プラーク、歯垢)が原因です。プラークは、ちょうどご飯粒をすり潰したような白っぽい状態で歯に付着しており、様々な細菌とその産生物質から成り立っています。

虫歯になりやすい場所は歯と歯茎の境目、咬む面、歯と歯の間で、歯周病は歯と歯茎の境目の汚れから発症します。これらの場所のプラークをしっかりと除去することによって、虫歯や歯周病を防ぐことができます。

そのためにも、毎日の歯磨きがとても重要です。歯の痛みや歯茎に違和感がある方は、適切な歯磨きができていない可能性があります。そこで、歯と歯茎の境目を効果的に磨くことができるバス法をご紹介いたします。

  • まず歯ブラシを歯と歯茎の境目(歯肉溝)に約45度の角度で当てます。
  • そして力を入れずに細かく左右に振動させます(40回位)。
  • 一本ずつ磨く感じで丁寧に磨いてみましょう。

こうして全部の歯を磨くと10分程度かかりますが、自分の大事な歯を守るためですので是非実践なさってみてください。正しい歯磨きの指導を受けたい方は、かかりつけの歯科医院またはお近くの歯科医院に受診なさってください。

次回は「虫歯について」詳しく説明いたします。

 

奥羽大学歯学部附属病院 山崎 隆史