ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

避難情報の改正について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年5月19日更新

令和3年5月20日より避難情報が変わります。

 〇災害対策基本法が改正され、これまでの避難勧告が廃止され、避難指示に一本化されることとなります。

1.避難レベル3の名称変更

〇「避難準備・高齢者等避難開始」から「高齢者等避難」に名称が変更となります。                                               「高齢者等避難」が発令された場合には、高齢者の方、障がいのある方やその支援者の方をはじめ、避難に時間を要する方は、このタイミングで避難を開始してください。

2.警戒レベル4の避難指示への一本化

〇これまで、経過レベル4には、「避難勧告」と「避難指示(緊急)」の2種類の避難情報が含まれていましたが、「避難指示」に一本化されます。「避難指示」が発令された場合は、速やかに避難を開始してください。

3.警戒レベル5の名称変更

〇「災害発生情報」から「緊急安全確保」に名称が変更となります。                                                                「緊急安全確保」が発令された際に、避難が完了されていない場合には、速やかに身を守る行動を取るようにしてください。

警戒レベル表
警戒レベル発表する情報とるべき行動発表者
【警戒レベル5】緊急安全確保

すでに災害が発生もしくは切迫している状態。                                     安全な避難ができない状況が想定されるため、命を守るための最善の行動を取りましょう。

【警戒レベル4】避難指示

速やかに避難先へ避難しましょう。                               避難先までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や、自宅内のより安全な場所に避難しましょう。

【警戒レベル3】高齢者等避難

避難に時間を要する人(高齢の方、障がいのある方、乳幼児等)とその支援者の方は避難しましょう。                                  その他の方は避難の準備を整えましょう。

【警戒レベル2】

洪水注意報           大雨注意報 等

避難に備え、ハザードマップ等により、自らの避難行動を確認しましょう。気象庁
【警戒レベル1】早期注意情報防災気象情報などの最新情報に注意し、災害への心構えを高めましょう。気象庁

関連リンク

内閣府のホームページ  http://www.bousai.go.jp/taisaku/kihonhou/kihonhou_r3_01.html

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)