ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 楽しい食生活を送るために > 楽しい食生活を送るために [11] 入れ歯を修理して臭いをシャットアウト

楽しい食生活を送るために [11] 入れ歯を修理して臭いをシャットアウト

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月11日更新

入れ歯を長期に使用していると痛みや入れ歯独特の臭いが出てきます。入れ歯の痛みは加齢とともに骨が減り、粘膜が薄くなって入れ歯がピッタリと合わなくなるのが原因です。入れ歯が強く当たっているところの骨は大きく吸収して入れ歯がガタついてきます。そうすると入れ歯を支えている粘膜に傷がつき痛みが出てきます。また、入れ歯の咬む面が摩耗して食物を上手に咬み切ることができなくなります。

そんな入れ歯を使っている方にお勧めします。使用中の入れ歯を修理してみませんか。入れ歯に新しい材料を裏打ちして粘膜にピッタリと合わせて新品と同様な状態にすることができます。人工の歯が摩耗しているときは、新しい材料を追加して咬む面を元どおりの形に直します。このような修理は多くの場合、一回の治療で、それも短時間で終えることができますので、入れ歯でお悩みの方は是非試してください。

次に入れ歯の臭いでお悩みの方へのアドバイスです。入れ歯を長く使用していると材料の劣化により細かな亀裂が入ります。この亀裂を伝わって汚れが樹脂に侵入します。それがもとで腐敗臭が発生し、入れ歯特有の臭いを周囲に撒き散らせます。本人はこの臭いに気づきません。

歯磨きをする人のイラスト

このようなときは入れ歯を修理して新しい材料に置き換えると臭いのもとを取り除くことができます。また、入れ歯洗浄剤を使用して臭いを取り除くのも良い方法です。就寝前に歯ブラシで入れ歯の表面の汚れを落としてから、入れ歯洗浄剤に漬けて置くだけで深部にまで侵入した汚れを落としてくれます。翌朝には腐敗臭もなくなり、爽やかな入れ歯で食事をとることができます。入れ歯洗浄剤にはいろんな種類がありますので、医療センターにお問い合わせください。

入れ歯をリニューアルして臭いをシャットアウトし、快適な入れ歯人生を歩んでください。

 

奥羽大学歯学部附属病院 関根 貴仁