ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・環境 > 税金 > 税全般に関わること > 平成30年分 所得税・住民税申告相談について

平成30年分 所得税・住民税申告相談について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月22日更新

申告相談の受付日程についてお知らせします。

行政区名行政区名受付時間場所
2月12日妙法原・大曲・塩ノ原

3月

1日大寺二区・三区

午前9時~正午

午後1時~午後4時

役場

小会議室

13日赤枝(上)2日指定日に申告できない方
14日赤枝(中・下)4日本寺
15日日曹・東電・こぶしヶ丘5日横達
18日源橋・更科団地6日指定日に申告できない方
19日上西連7日指定日に申告できない方
20日下西連8日農業青申会
21日入倉・落合(青申コーナー予定)9日指定日に申告できない方
22日布藤・法正尻・磨上・七ツ森・六郎原11日指定日に申告できない方
25日大寺一区
26日大寺六区
27日大寺四区・五区
28日一の沢

※3月8日(金曜日)は、農業青色申告会以外の方の申告相談は行いません。
※各種領収書・証明書等、および印鑑は必ずご持参ください。(還付があるときは、本人の預貯金口座番号)
※農業・営業・不動産の所得がある方は、収支内容を記載した収支内訳書(もしくは帳簿)をお持ちください。
※収入がなかった方でも、住民税申告は必要になりますので、指定の日においでください。
※期限間近は大変混み合いますので、できるだけ指定の日にお願いします。
※医療費の計算はいたしませんので、計算した内容がわかる書類をご持参ください。
※申告相談の際に、「マイナンバーカード」または「通知カード」+「本人確認書類」が必要となりますので、忘れずにご持参ください。

会津若松税務署で申告されるみなさまへ

税務署では、所得税、個人事業者の消費税および贈与税の確定申告書の作成を行うための会場を開設します。

開催場所

アピオスペース1階

開催期間

平成31年2月18日(月曜日)~3月15日(金曜日)(※土曜日・日曜日を除く)

開催時間

午前9時15分~午後4時

アクセス

会津若松駅から路線バスをご利用の場合
・会津バス 笈川行き:会津アピオ中央下車 徒歩3分
・会津バス 喜多方営業所行き:会津アピオ入口下車 徒歩5分

注意点

会津若松税務署内には申告書作成会場は設置しておりません。

連絡先

会津若松税務署  TEL  0242-27-4311

会津若松税務署申告会場地図

確定申告特集(国税庁ONLINEホームページ)(外部リンク)

申告相談時の必要書類確認表

収入関係

給与所得のある方
  • 源泉徴収票(原本)
  • 源泉徴収票がない場合は収入金額がわかるもの。
    • 所得税の納付(または還付)がある場合、源泉徴収票は申告書に添付することとなります。
年金所得のある方
  • 公的年金源泉徴収票(原本)
    • 所得税の納付(または還付)がある場合、源泉徴収票は申告書に添付することとなります。
  • 個人年金を受給されている方は、収入のわかる証明書
雑所得のある方
  • 内職のある方は収入のわかるもの。
  • 外交員の方、集金等の業務をしている方は、収入のわかるもの。
  • シルバー人材センターからの収入のある方は、収入のわかるもの。※上記全て明細・領収書等をご持参ください
農業所得、営業所得および不動産所得のある方
  • 収入・支出の内訳がわかるもの(記録したノートなど)
    • 収支内訳書を作成して持参ください。
    • 金額はすべて勘定科目毎に記入してきて下さい。
    • 伝票類は持参しなくても構いませんが、保管して置いて下さい。
土地や建物などを売った収入のある方
  • 個人間の場合→売買契約書
  • 公共事業の場合→買い取り証明書

控除関係

医療費がある方
  • 領収書(平成30年1月~12月までの領収印のあるもの)
    • 合計額は、自分で計算しておいて下さい。
    • 生命保険や高額医療などから補てんされる金額は差し引かれます。
      (まだ補てんされていなくても、補てんされる見込があれば見込み額を差し引いて下さい)
社会保険料を支払った方
  • 国民健康保険税の領収書
  • 国民年金の領収書
  • 介護保険料の領収書
  • 後期高齢者医療保険料の領収書
生命保険の掛金を支払った方
  • 生命保険→生命保険料控除証明書 (一般用)・生命保険料控除証明書(介護保険用)
  • 個人年金→生命保険料控除証明書 (個人年金用)
地震保険の掛金を支払った方
  • 地震保険料控除証明書
  • 長期損害保険の損害保険控除証明書
  • 満期返戻金等のあるもので保険期間または共済期間が10年以上の契約
障がい者の方
  • 障がい者手帳
住宅取得特別控除がある方
(2年目以降)
  • 住宅借入金等特別控除申請書(初年度に税務署から送付されます。)
  • 借入金の年末残高等証明書
    • 初年度は内容が異なりますので、税務署へお尋ね下さい。

上記以外で必要なものは、下記のとおりになります。

  • 申告される方全員  → (1)印鑑
                (2)マイナンバーカードの写しまたは通知カードの写し+身分証の写し(顔写真付き)
  • 所得税の口座引落しを希望する方 → 本人名義の通帳・通帳の印鑑
  • 所得税の還付を口座振込で希望される方 → 本人名義の通帳

※確定申告をされる方