ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 新型コロナウイルス感染症対策本部 > 磐梯町長のコメント > 新型コロナウイルス感染症拡大防止に対する町長コメント(2021年5月27日)

新型コロナウイルス感染症拡大防止に対する町長コメント(2021年5月27日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年5月27日更新

 新型コロナウイルス感染症拡大防止に対する磐梯町長のコメントを掲載いたしますので、ご覧ください。

磐梯町長のコメント

 令和3年5月27日

 関西、首都圏と拡大してきた新型コロナ感染者ですが、ここにきて地方に飛び火してきています。福島県でも特に会津地方はゴールデンウイークを挟んで非常に逼迫した状況でした。会津地域の病床数は限界に達し、福島県全体においても確保病床の使用率がステージ4の基準となる50%を超えた状況が続いております。
 このような状況から福島県知事も5月15日から県独自の非常事態宣言を発し、不要不急の外出自粛と飲食店営業時間の制限を5月31日までと設定しました。
 
 現在、東京などでは感染者数のピークを下回っておりますが、今までのようにすぐに減少していく状況でもなくなって来ているもの事実です。これは人出減少割合の鈍化とともに、変異株という感染力が高い変化したウイルス(英国株、インド株とか)が、若者や子どもたちへの感染力を高めていることが要因と考えられます。
 今まで私たちにできることは3密回避、手洗い、マスク着用の徹底などの感染予防対策のみでありましたが、これに加えて、早急なワクチン接種が重要であり、そして最も強固な感染対策として加わりました。
 
 磐梯町では65歳以上を対象に5月10日からワクチンの個別接種をスタートしました。そして先週日曜日に初めての集団接種が行なわれ240名の方々への接種を無事に完了しました。5月27日現在での第1回目接種者人数は760名となっており、約6割の方の接種が終了しております。7月中には2回目の接種を終了する予定です。その次に基礎疾患を有する方や高齢者施設等の従事者、そして16歳以上の方に接種が始まります。最終的には10月中には町民全員にワクチン接種を終了させる予定です。

 また、医療従事者やワクチン摂取に関わる職員も優先して接種を実施しています。
 これからも町民のみなさんに最も近く、集団感染リスクの高い施設である保育所、幼稚園、小中学校、行政窓口、出先機関など、子どもたちや町民のみなさんと直接接する先生、職員に対してもなるべく早いうちに並行して接種を進めていきますので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 上記にも記載しましたが、一刻も早く新型コロナワクチン接種を推し進め、早期に磐梯町での集団免疫体制を万全に整備していきたいと存じますので、接種についてご協力のほど、よろしくお願いいたします。

                                                                                                                       磐梯町長 佐藤淳一

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)