ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 町政・まちづくり > 町の計画 > 復興計画 > 磐梯町振興計画(平成25年度~平成34年度)の策定について

磐梯町振興計画(平成25年度~平成34年度)の策定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月1日更新

計画策定の趣旨

磐梯町では、平成17年3月に策定した磐梯町振興計画に基づき、豊かな自然や歴史と文化を守り伝えながら、地域資源を有効に活用し、町民が引き続き愛着を感じられる、住みよい磐梯町の創造に取り組んできました。

前回の計画策定から8年が経過した現在、少子高齢化や高度情報化、経済のグローバル化の進展に加え、地球規模での環境問題の顕在化等は、町民の暮らしに大きな影響を及ぼし、また、行政改革、規制緩和、地方分権の推進をはじめとする制度改革等、行政を取り巻く状況も大きく変化しています。

さらには、東日本大震災および原子力発電所の事故による問題が山積する中で、今後、ますます厳しさを増す本町の財政状況を踏まえ、固有資源のブランド化を図るとともに、各種の政策課題に対して町民と行政との協力や役割分担による協働と連携の方策を探り、新しい時代にふさわしい誇りの持てる町の創造を図ることが重要です。

こうしたことから、平成24年度に最終年度を迎えるこれまでの計画を見直し、新たに平成25年度を初年度とする計画を策定することとします。

目指すまちの将来像

磐梯町の豊かな自然や長年営まれ育まれてきた農村風景、会津仏教文化発祥の地に残る遺産は、町民のみならず、町を訪れる人々を癒し、楽しませてくれる町の宝であり、次代へと引き継いでいかなければなりません。そこで、まちづくりの基本理念を「人がつながる次代につなげる温もりと活力あるまちづくり」とし、町民をはじめ、各分野の関係機関・各種団体等と連携・協力しながら、実現に向けて取り組んでいきます。

  1. 磐梯町が目指すまちの姿
    • 磐梯町では、みんなが元気で学び、働き、生きがいをもって暮らしています
    • 磐梯町の豊かな自然や歴史文化を大切に思い、みんなで守っています。
    • 磐梯町では、お互いを思いやりながら暮らしています。
    • 磐梯町を訪れる人は、温かな気持ちになり、また訪れたくなります。
  2. 基本目標
    • 「凛」文化が薫り、凛々しさあふれる人づくり
    • 「躍」人々が輝き、躍動感のある産業づくり
    • 「安」ともに支え合う、安心の暮らしづくり
    • 「品」自然と歴史が調和する、品格の街づくり
    • 「協」ともに考え、行動する協働の町づくり

磐梯町振興計画(平成25年度~平成34年度) (PDF版)

関連情報

磐梯町振興計画(平成17~24年度)概要版[PDFファイル/2.28MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)