ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

コロナ対策に対する町長のコメント

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月15日更新

新型コロナウイルス感染症対策により磐梯町に帰省できないみなさまへ(2020年5月15日)

 磐梯町を故郷に県内及び県外で勉学やお仕事を頑張っていただいている学生のみなさま、そして社会人のみなさまにおかれましては、春休みやゴールデンウイーク期間に磐梯町の実家に帰省する予定であったものと思います。
 しかしながら、私たちが経験したことがない世界規模のパンデミックにより、移動の自粛をはじめ3密防止に向けた行動の要請などにより、制限のある環境の中で生活を送られているものと拝察いたします。

 福島県内における累計感染者数は5月14日現在で81名となっておりますが、会津地方においては未だ1名の感染者も発生しておりません。このことは、地域のみなさまをはじめ事業者、そして行政等における徹底した感染防止対策によるものと考えております。我が磐梯町におきましても、町民のご理解のもと、感染防止対策に最大限注力しております。

 さてこの度、磐梯町では故郷に帰省できない皆さんに町の産品を味わっていただき地元を感じてもらいたいという想いから、名水を使った美味しいお米やお酒、自然がいっぱい詰まったはちみつなどの町特産品をまとめた「ふるさと産品」を送らせていただくことにしました。

 この新型コロナウィルス感染症が収まるにはまだ時間を要することと思います。
 移動自粛等の制限がなくなり、皆さんが磐梯町に帰省できるようになるまで暫くの間、この「ふるさと産品」を味わっていただき、「ふるさと磐梯町」を想っていただければ幸いに存じます。

 磐梯町はみなさんのふるさとです。
 移動の自粛がとけましたら、わたしたちはみなさんのお帰りを心よりお待ちしております。

磐梯町長 佐藤淳一

磐梯町帰省自粛者支援事業について

 対象者、申請方法などについてはこちらをご確認ください。

コロナ対策に対する町長コメント(2020年4月30日)

 新型コロナウィルス感染症による国の緊急事態宣言が4月16日に発せられてから、約2週間が経過しました。この間、公共施設の休館、学校の休校、幼稚園の休園により大変なご苦労をおかけしておりますが、町民のみなさまのご理解とご協力に感謝をいたします。

 4月30日現在、新型コロナウィルスの累計感染者数は日本国内で1万4千人を超え、世界では300万人を超えております。福島県内の累計感染者数は73名となっており、クラスターによる集団感染が大きな原因となっております。
会津地域には今のところ感染者はおりませんが、今後、感染者が出ないとは言い切れません。

 これからゴールデンウイークが始まります。
 福島県に来県する観光客は、自粛により減少するもののゼロではありません。町民のみなさまには、この連休中の外出をできる限り避けていただき、感染防止に引き続きのご協力をよろしくお願いいたします。
 磐梯町独自の感染予防対策等についてお伝えをさせていただきます。

 まず、5月1日に「使い捨てマスク」を町内全戸に各30枚を配布します。そして、5月下旬を目途に町内全戸に各50枚を追加にて配布をいたしますので、町民のみなさまの感染予防対策にご活用ください。
 この新型コロナウィルスは誰もが感染してしまう可能性があります。わたしたち一人ひとりの気の緩みや軽率な行動により、多くの方々が感染してしまうことにつながります。

 愛する人たちを守っていくこと」。それは、わたしたちの行動にかかっています。
 感染予防対策の基本としての「3密を避けること」「不要不急な外出を控えること」「手洗いと咳エチケットの実施」を忘れることなく、徹底した感染予防をおこなっていただくよう心よりお願いいたします。

 また、町民のみなさまおよび営業自粛などにより経営が厳しい事業者様に対しましては、町独自の緊急支援策として各種の対策を推し進める予定としております。詳細につきましては町のホームページや回覧、配布物をご覧ください。ご不明な点がございましたら町の「新型コロナウィルス感染症対策本部(Tel 74-1223)」までご相談ください。
なお、国の特別定額給付金(1名あたり10万円支給)につきましては、5月中旬から申請受付を開始し、5月25日からの給付開始を予定しております。

磐梯町長 佐藤淳一

コロナ対策に対する町長コメント(2020年4月24日)

 公共施設の休館や幼稚園、小中学校の休校などにより、町民のみなさまには大変なご苦労をおかけしております。

 国の緊急事態宣言が7都府県に、そして全国に発せられてから、首都圏での人出の減少率は60%〜80%減と大幅に下がってきていますが、東北主要地点ではいまだ30%〜40%の減少率で推移しております。
 また、福島県における感染者は中通りと浜通りに集中しており、会津地域では感染者がまだ1名も発生していない状況にありますが、改めて気を引き締め、新型コロナウイルス感染防止策を徹底していくことが必要不可欠であります。

 会津地域は高齢化率が非常に高いです。もし一旦感染が広がると多くの方が重篤になる可能性がデータからも読み取れます。もしこの会津にウイルスが来てしまったらどのようになるかは、今までの首都圏等の状況やイタリア、米国などの例により一目りょうぜんです。

 政府もゴールデンウィークが大きなやまになると考えています。
 会津は観光地であることから、いかに制限をしてもこの期間に確実に観光客は増えるものと予想されます。こうした中で外出することにより感染リスクが大幅に高まることになります。

 そのためにも再度、みなさんにお願いいたします。

1 不要不急の外出は避けてください。
  食料品等の買い物はゴールデンウィーク前までに済ませましょう。
  ゴールデンウィーク中の移動は避けましょう。
  特に観光客が来る場所への行き来は避けてください。

2 帰省を避けてください。
  兄弟や親戚、そして子どもたちやお孫さんたちに会いたい気持ちはわかりますが、それよりもみなさんの命が大切です。

3 発熱を感じた場合には外出を避けてください。
  毎日体温を測り、発熱を感じたら、なるべく同居者との隔離をお願いします。

 この新型コロナウイルスは感染予防が弱いところを狙って、知らない間に入り込んできます。わたしたちの気の緩みや軽率な行動により、多くの方々が感染のリスクを背負うことになってしまいます。
 「愛する人たちを守っていくこと」それはわたしたちの感染予防の行動にかかっています。
 もう一度、感染予防対策としての「3密を避けること」「不要不急な外出を控えること」「一人一人の手洗いと咳エチケットの実施」をしっかり確認励行いただき、徹底した感染予防と上記の三つを守っていただくよう心よりお願いいたします。

磐梯町長 佐藤淳一

コロナ対策に対する町長コメント(2020年4月17日)

 昨日4月16日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための緊急事態宣言の対象区域が、全国に拡大されました。

 これを受け本日17日午前、第8回新型コロナウイルス感染症対策本部を開催し、緊急事態宣言期間中である4月18日(土曜日)〜5月6日(水曜日)までの間、公共施設利用の休止を決定いたしました。具体的な施設名は別に記載いたしますがご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 なお、保育・教育施設および民間の観光施設や宿泊施設、商業施設につきましては県の方針が示された時点で町の方針等を決定し、保護者のみなさまと経営者のみなさまに、それぞれご連絡をさせていただく予定です。

 緊急事態宣言はゴールデンウィークが終了する5月6日までの期間となっています。今回の決定は、首都圏などからの観光客や宿泊客、一時帰省される方等が地方に分散し、ウイルスを拡散してしまうことを避けるための拡散防止対策であり、町民のみなさまには引き続き、ご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 みなさまには幾度もお願いをしておりますが、下記の三密を避け、部屋をこまめに換気していただき、不要不休の外出を避けてください。また、どうしても外出が必要な場合にはマスクの着用と徹底した手洗い、アルコール消毒をお願いいたします。
1.密閉空間(換気の悪い密閉空間である)
2.密集場所(多くの人が密集している)
3.密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)

 まだ、会津地域に感染者は出ておりませんが、会津地域と隣接する郡山市、米沢市、二本松市などは感染者が増加してきており、県内での感染市町村も増えてきております。いずれ会津地域にも感染者が現れるかもしれません。しかしながら、このウイルスは人と人とが接触しないと感染しません。わたしたち一人ひとりが国で示した感染対策マニュアルを守り、徹底した感染対策を行っていけば、今後も磐梯町における感染者の発生を防ぐことができるものと思います。
 そのためにも、町民のみなさまには再度徹底した感染対策をお願いいたします。

コロナ対策に対する町長コメント(2020年4月13日)

新型コロナウイルス感染症対策に対する磐梯町長のコメントを掲載いたしますので、ご覧ください。

磐梯町長のコメント

 新型コロナウィルスは全世界に広がり、4月12日現在、全世界患者数は180万人、死者数は11万人を超えてきています。日本全国でも患者数は7000名を超え、福島県においても37名の陽性患者が発生しています。政府は7日、7府都県に「緊急事態宣言」を行い、それを受けて移動の自粛や、営業施設の休業要請など必死の食い止めを行なっていますが、感染者数の増加は衰えを見せていません。今後必ず地方への感染拡大も広がってくるものと想定し、わが磐梯町としても具体的な対策を進めています。

 まずは「三つの密を避けること」そして「不要不急な外出を避けること」により、人と人の接触を極力下げることが感染を防ぐ最も重要な対策となります。磐梯町でも4月6日より公共施設の運営を再開いたしましたが、総会や会合などが多く実施されるこの時期に当たりましては、極力短時間、少人数、席の間隔を離し、十分な換気をしていただき、時には勇気を持って会合等を中止することも検討いただければ幸いです。

 もう一点みなさんにぜひ、ご認識いただきたいことがあります。それは、緊急事態宣言がなされた都市、もしくは人口が多く患者数が多い都市からの移動に関する制限であります。多くの場合には自分の行動で感染が抑えられたとしても、外部から持ち込まれる感染リスクはどのように回避していくのでしょうか。
 そこでお願いですが、法事や祝い事など兄弟や親戚などが都会から集まる会合なども、できる限り延期をお願いしたいです。呼ばれる方も呼ぶ方も双方に感染のリスクがあります。
 さらには、子どもたちやお孫さんの大学や専門学校、そして就職先が休校や帰休になった場合に、町内に呼び寄せる場合の感染リスクであります。これは親としての心配が大きいことはよく理解できますが、感染のリスクは大きくなることを理解しなければなりません。できれば我慢していただき、なるべく移動を避けていただきたいですが、避けられない場合には当然の防衛策として下記の手順に基づき徹底した感染防止をお願いしたいと思います。非常にわかりやすい対策の説明書(※1)がありますのでぜひ参考にしてください。

 地方はこれからが正念場になります。長期戦を覚悟していかなければなりません。これからは気候もだんだん暖かくなってきて、体を動かしたくなることも多くなってくるでしょう。農作業や外での散歩などは感染リスクが少ないと思います。しかしながら、上記に記載しましたように外部でも密集度の高い場所(お花見など)は避け、帰ってきましたら、手洗いうがいを習慣づけしましょう。

 役場では職員の体温を毎日確認チェックしております。みなさんも毎日の体温を把握し、もし少しでも熱がありましたら、仕事や人と会うことを休んでいただき、症状が4日以上続く場合には帰国者・接触者相談センター☎0242-29-5203へご相談ください。

※1 諏訪中央病院の玉井道裕(たまい みちひろ)先生が作成された「新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書・地方版 」で茅野市の新型コロナ対策のホームページに掲載された資料をお知らせします。その他「新型コロナウイルスの感染をのりこえるための説明書」、「新型コロナウイルスの感染をのりこえるための説明書・続」、についても茅野市のホームページに記載されていますので、下記URLから確認ください。
「新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書・地方版 」
「茅野市の新型コロナ対策」

コロナ対策に対する町長コメント(2020年4月8日)

新型コロナウイルス感染症対策に対する磐梯町長のコメントを掲載いたしますので、ご覧ください。

磐梯町長のコメント

 新型コロナウイルス感染の拡大を受け、昨日4月7日に安倍首相より、7つの都府県に対して法律に基づく「緊急事態宣言」が発令されました。

 これは、新型コロナウイルス感染が非常に危機的な段階に入ったことを意味するものであります。

 福島県におきましても、昨日、過去最多となる8名の感染が判明し、感染者総数は24名となりました。感染者はおもに中通りと浜通りとなっておりますが、今後の状況によっては会津地域からの発生も大いに危惧される状況にございます。

 会津は感染者がいないから安全とか、自分は発症しないとかという考え方は無くしていただき、私たち全員が同じ危機感を持ち、町から1名の感染者も出さないよう予防対策を積極的に推進していきたいと思います。

 この「緊急事態宣言」を受け、磐梯町は、4月8日に第6回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、新たなメンバーとして猪苗代消防署磐梯出張所長を副本部長に、また関係機関として磐梯町保健医療福祉センター(瑠璃の里)を加え、体制の強化を図るとともに、公共施設の利用現況や今後の対応をはじめ保育所・幼稚園や学校関係の対策など、様々な課題等について議論されたところであります。今後とも、町民のみなさま・事業者のみなさまに安全・安心に暮らしていただくため、迅速に対応できる体制をしっかりと構築してまいります。

 皆様におかれましては、いろいろとご不便をおかけしますが、全町民の命を守ることを最優先にしていくためにも、みなさんのご協力が不可欠であります。「こまめな手洗い」「咳エチケット」といった基本的な予防対策の徹底と感染リスクの高い「密閉」「密集」「密接」が同時に重なる場所を避けてくださいますようお願いいたします。

 さらには、緊急事態宣言が出されました地域への移動、不要不急の外出ついては、お控えくださいますよう、ご協力をお願い申し上げます。

 各種情報につきましては、「磐梯町ホームページ」および「磐梯町お知らせメール」にて逐次掲載、発信するとともに、必要に応じて、行政区を通じて文書を配布させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 磐梯町長 佐藤淳一

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)