ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 町政・まちづくり > 町の計画 > 土地利用計画 > 国土利用計画磐梯町計画を策定しました

国土利用計画磐梯町計画を策定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月1日更新

国土利用計画磐梯町計画の策定について

磐梯町の区域における町土の利用に関する基本的事項について、町土の総合的かつ計画的な利用を図るための指針として、国土利用計画法第8条の規定に基づき、『国土利用計画 磐梯町計画』を策定しました。

本計画の基本理念

町土は、現在および将来における町民のためのかけがえのない限られた資源であるとともに、生活および生産を通ずる諸活動の共通の基盤であり町民共有の財産です。

そのため、町土の利用にあたっては、公共の福祉を優先させ、自然環境の保全を図りつつ、地域の自然的、社会的、経済的および文化的条件に配意し、健康で文化的な生活環境の確保と町土の均衡ある発展を図ることを基本理念とし、本町の将来像である「温もりと活力あるまちづくり」の実現を目指します。

国土利用計画(磐梯町計画) [PDFファイル/3MB]

国土利用計画とは

国土利用計画は、国土利用計画法に示される国土利用の基本理念に即して、公共の福祉を優先させ、自然環境の保全を図りつつ、長期にわたって安定した均衡ある国土の利用を確保することを目的として策定する、国土に広がる空間および土地利用に関する最も基本的な計画です。全国計画、都道府県計画、市町村計画の三段階から構成され、全体として調和のとれた土地利用を図るため、市町村計画は都道府県計画を基本として策定されます。

市町村計画は、全国計画、都道府県計画に比べ、地域への密着性が強いため、実行ある国土利用を図る上で特に重要な役割を担っています。また、市町村の区域内における国土利用の基本方向を示すものであり、都道府県計画を基本とし、地方自治法による基本構想に則し、住民の意向を反映させるための措置を講じながら定められるものです。

長期総合計画に示す将来像を実現するためには、土地利用が不可欠であることから、市町村計画は、長期総合計画に即して策定されることが規定されています。

国土利用計画の内容

国土利用計画は、3つの項目で構成されています。

  1. 国土の利用に関する基本構想(国土の総合的・計画的な利用の基本方針)
  2. 国土の目的に応じた区分ごとの規模の目標およびその地域別概要
  3. これらを達成するために必要な措置の概要

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)