ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・環境 > 防災・防犯 > 防災 > 磐梯町ため池ハザードマップについて

磐梯町ため池ハザードマップについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月16日更新

ため池ハザードマップ作成の目的

 ため池ハザードマップは、万が一の事態でため池が決壊した場合、最大でどの程度の浸水範囲となるかを知るために最悪の状況を想定した浸水予測を行いました。住民のみなさんがハザードマップを通じて、想定される災害を事前に知り、自らの避難を考え、地域の防災力向上につながることを目的にしています。

ハザードマップの作成条件

 現在起こりうる最大の危機を想定しました。ため池が満水の状態で、貯水量の全量が下流域に流れ出す場合を想定しました。

そうなってからでは遅い!早めの避難

 浸水が始まってから行動したのでは、手遅れになる場合があります。あらかじめ、ハザードマップで水がせまりくる状況を学び、万が一の事態が発生した場合の早めの判断、速やかな行動につなげてください。

赤枝堤ハザードマップ

赤枝堤ハザードマップ

赤枝堤ハザードマップ [PDFファイル/6.53MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)