ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・環境 > 防災・防犯 > 防災 > クマによる被害を防止するために

クマによる被害を防止するために

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月1日更新

クマはブナやミズナラなどのドングリを食べています。しかし、最近の里山に出てくるクマは、農作物や残飯なども食べており、里に居着いて被害を出すことが心配されます。次のような心構えを参考に被害を未然に防ぎましょう。

日頃の心構え

クマを引き寄せないために

  1. 人家・工場等の周りにクマの餌となりうる生ゴミ等を放置しない。
  2. 一般の家では残飯やコンポストの管理をきちんと行う。
  3. キャンプ等での残飯や、生ゴミの管理を徹底する。
  4. 渓流釣り、登山、キャンプ等で出たゴミは、必ず持ち帰る。

農作業時の注意

作業中クマと遭わないために

  1. クマの出没する恐れのある耕作地(山際付近等)の作業時には特に注意する。
  2. 朝早くの農作業はクマの活動時間と一致することが多いため、クマと遭遇する確立が高くなりますので、クマの被害が発生している場所で作業するときは十分注意する。
  3. 農産物の被害防止およびクマを農地によせつけないよう自己防除をおこなう。 (クマ等の捕獲および捕獲に有する罠等の設置は禁止されていますのでご注意下さい。)
  4. 廃棄果樹等は、適切に処分する。
  5. 農作業前に爆竹等を鳴らし、農作業中は、笛、鈴、ラジオなど音のするものを、身につけ存在を知らせる。
  6. クマの被害、目撃等をした場合には隣近所・農作業者等へ声をかけ作業時の被害防止に努める。

入山等の心構え

クマと遭わないために

  1. 山は必ずクマのいる所と認識する。
    • クマの糞、足跡などを見つけたらすぐ引き返す。
    • 山菜取りやキノコ取りをする際も周囲の音に注意し、時折同行者に声をかけるなどして、クマに遭わないように注意する。
  2. 突然出遭わないようクマに自分の存在を知らせる。
    • クマは、人間より嗅覚が優れ、大抵、人より先に人の接近を知り遠ざかるので早めに人の存在を知らせる為に笛、鈴、ラジオなど音のするものを、身につける。
  3. 朝、夕、黎明薄暮時のクマの行動が活発な時間帯の入山等には注意する。
  4. 単独行動は避け、2人以上で行動する。
  5. 霧、風音、川の流れがある場合は注意する。
    • 山中でのこのような場面では、クマも注意力が散漫になるため、人の気配に気づかない。
  6. 子グマを見つけたらそっと立ち去る。
    • 親グマが見えなくても近くにいる。(子グマを守ろうと親グマが攻撃してくるのでかなり危険である。)

クマと遭遇した時の心構え

出遭ったときに、クマを驚かせたり、興奮させないために。

  1. あわてない。
    • 遠くにいるのを発見した場合は、そっと立ちさる。
  2. 刺激しない。
    • 大声で叫んだり、石や棒切れを投げつけて興奮させない。
  3. そっと下がる
    • クマから目を離さないようにして、できるだけゆっくりと後づさりしながらクマから離れる。クマとの間に立木等の障がい物を入れることができる位置に移動することで突進を防ぐこともできる。
  4. 走って逃げない
    • 背中を見せて逃げるとクマは本能的に襲ってくるので、厳禁である。
  • 捕獲隊による駆除は生産者が様々な対策をしたにも係らず被害が発生した時の最終手段であると言うことをご理解下さい。
  • 申請は個人ではなく行政区での申請となります(行政区長による申請)ので、行政区長と協議の上申請されますようお願いします。

関連情報

入山時はクマに注意
クマによる被害に注意しましょう