ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 年金・保険 > 国民健康保険 > 平成30年4月から、国保制度の一部が変わります

平成30年4月から、国保制度の一部が変わります

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月20日更新
 現在の国保制度は、市区町村ごとに運営されていますが、平成30年4月からは、都道府県も市区町村とともに国保運営を担うこととなります。

 この国保運営のしくみが変更になっても、加入者のみなさまの医療の受け方や各種届出・申請の窓口は変わりません。

→平成30年度から国保制度の一部が変わります。 [PDFファイル/223KB]

 

変わること

○被保険者証等の様式が変わります。

○国保の資格の取得・喪失は都道府県単位になります。

○高額療養費の多数回該当が都道府県単位で通算されるようになります。

 

変わらないこと

○保険税の納付先や、各種申請・届出などの被保険者への窓口対応

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)