ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
観光情報
トップページ > 観光情報 > 桜の名所

桜の名所

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月1日更新

磐梯朝日国立公園内の磐梯山や厩岳山・猫魔ケ岳等を北限として、南限は猪苗代湖を水源とする一級河川日橋川が流れ、磐梯町にある慧日寺跡は、昭和45年国の史跡に指定されて以来、仏教文化発祥の地として、町民の関心も高まり、町をあげてその保護と保存に努めています。

慧日寺跡の木ざし桜(種蒔き桜)

慧日寺跡の木ざし桜

乗丹坊がさした桜の枝がこの樹になったと伝えられています。

乗丹坊慧日寺最盛期の衆徒頭で、平安時代末期には僧兵数千人を動員する勢力があったといわれています。)

種まき桜の由来
この桜の花が咲き始めると田畑作業を始める目安とされました。

その他の「桜の名所」

西部地区

  • 下西連(宝珠寺・桜並木・大山神社種まき桜)
  • 赤枝(八幡神社周辺)

中部地区

  • 慧日寺周辺(本寺)
  • 中央公民館周辺
このページの先頭へ