ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
DX推進プロジェクト
トップページ > DX推進プロジェクト

メニューを閉じる

DX推進プロジェクト

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月30日更新

議会全員協議会においてオンライン会議システムを活用した説明をしました。

議会側 渋谷側

令和2年3月5日開催の議会全員協議会において、オンライン会議システムを用いた説明を行いました。東京渋谷のサテライトオフィスから最高デジタル責任者(CDO)が、議員に対してデジタル変革戦略室について30分にわたり説明しました。

磐梯町デジタル変革戦略室議会説明資料 [PDFファイル/16.42MB]

第2回一般職員向けDX初期研修会を開催しました。

第2回DX一般職員研修① 第2回DX一般職員研修②

令和2年1月17日、菅原直敏最高デジタル責任者(CDO)を講師に迎え、一般職員向けDX初期研修会を開催しました。これによりほぼ全ての職員が初期研修を修了し、DXに向けての理解を深めました。

第1回一般職員向けDX初期研修会を開催しました。

DX一般職員研修

令和元年12月20日、菅原直敏最高デジタル責任者(CDO)を講師に迎え、一般職員向けDX初期研修会を開催しました。

第1回DX推進プロジェクト会議を開催しました。

窓口改革プロジェクト

令和元年11月27日、第1回DX推進プロジェクト会議を開催しました。当座の目標として、全職員が初期研修を受けるための調整、全職員がマイナンバーカードを保有する工程整理、プロジェクトの広報の充実などが決まりました。

幹部職員向けDX初期研修会を開催しました。

DX幹部研修1 DX幹部研修2

令和元年11月27日、菅原直敏最高デジタル責任者(CDO)を講師に迎え、幹部職員向けDX初期研修会を開催しました。副町長以下、課長級、係長級の職員のほぼ全てが参加し、自治体のDXに関する基本的な知見を確認しました。

今後は、来年1月までに全ての職員が初期研修を修了する予定です。

DX推進プロジェクトが発足することになりました。

令和元年11月1日、窓口改革プロジェクトでは、菅原直敏最高デジタル責任者(CDO)を講師に迎え、研修会を行いました。その中で、窓口改革プロジェクトのメンバーおよび有志の職員で「(仮称)DX推進プロジェクト」を発足する方向性が決まりました。

なお、窓口改革プロジェクトは、全ての課の最年少の職員によって行われる庁内プロジェクトです。

最高デジタル責任者を設置しました。

CDO委嘱式

令和元年11月1日、菅原直敏氏を磐梯町最高デジタル責任者(CDO)に委嘱しました。

磐梯町DXとCDO [PDFファイル/340KB]

全議員協議会にてDX勉強会を開催しました。

令和元年10月11日、磐梯町議会控室において、全議員を対象に自治体のデジタルトランスフォーメーション(DX)についての勉強会を開催しました。鈴木久一議長はじめ全ての議員の皆さんから、貴重な質問・ご意見を頂きました。

磐梯町町政アドバイザーを設置しました。

町政アドバイザー

令和元年10月4日、菅原直敏氏を磐梯町町政アドバイザーに委嘱しました。現在、磐梯町では総合計画の策定作業を行っていますが、特にデジタルトランスフォーメーションの推進の観点から菅原氏のアドバイスを受けながら、新しい時代の総合計画をめざしてまいります。

菅原直敏氏の略歴

昭和53年4月12日生まれ(41歳)。神奈川県出身。

現職

  • 一般社団法人Publitech 代表理事
  • 株式会社Public dots & Company 取締役兼CDO
  • 介護のハッピー合同会社 法人本部長兼CDO

資格

社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、保育士

最終学歴

上智大学法学部法律学科卒業