ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
観光情報
トップページ > 観光情報 > 厩嶽山祭り・山開きが開催されます

厩嶽山祭り・山開きが開催されます

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月30日更新

平成29年6月18日(日曜日)に第18回厩嶽山祭りが行われます。
第18回厩嶽山祭り・山開き(パンフレット) [PDFファイル/2.49MB]

H29厩嶽山祭りチラシ

厩嶽山祭りの歴史

会津地方の馬頭観音信仰の中心として、1300年前に始まったとされる祭礼。昭和30年で一旦途絶えたが平成12年から復活。

(農家の人たちが農耕馬の無病息災、安全守護のため、馬と一緒に参拝した)祭り当日は、登山道にある三十三観音を巡る。受付では「笹餅」、山頂手前の馬頭観音堂では「お神酒」の振る舞いが行われる。

厩嶽山登山案内

三十三観音石仏
磐梯町駅北側5キロメートル、磐梯山の西側にあるカルデラ湖「雄国沼」の外輪山の一峰で標高1,261メートルの輝石安山岩の山です。

ゴールドライン起点の源橋地区にある榮川酒造磐梯工場の手前左側に林道があり、その林道を約400メートル入った右側に登山口があります。

登山口から1キロメートルは杉林となっており、その先は緑豊かな雑木林となっています。樹木の種類は、栗、トチ、ミズナラ、サワグルミ、クルミ、山桜、コナラ、クロモジなどの二次林で季節により、春は山桜やコブシ、クロモジなどの花が観察でき、夏は木陰で涼み、秋は燃えるような紅葉が素晴らしいです。

登山口から50分ほど進みますと、西国三十三観音石仏群が始まります。三十三観音石仏のお顔を見ながら進んでいくとミズナラ、ブナ林が多くなり気持ちよく歩けます。

 登山をする人々 
三十三番目の石仏まで到着すると馬頭観音堂があります。ここには冷たい水飲み場があり、のどを潤してくれます。

ここから頂上までは、20分くらいですが急勾配なのでゆっくりと足元を確認して登ってください。

山頂に到着すると、手前に雄国沼、北西方向には飯豊山、北~北東には吾妻連峰、東には磐梯山や川桁山、南には猪苗代湖と那須連峰、会津盆地。その向こうには南会津の山々が望めます。

帰り道は登ってきた道を戻ります。下山したら榮川酒造前でおいしい地ダケ汁が待っています。

主催:厩嶽山祭り実行委員会

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページの先頭へ