ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
観光情報
トップページ > 観光情報 > 磐梯山冬山登山7つの心得

磐梯山冬山登山7つの心得

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月1日更新

その1 入山者カードを忘れずに

あなたを助ける手がかりです。忘れずに提出するのはもちろん、詳しく記入しましょう。
又、家族や職場、学校などにも連絡をしておきましょう。

その2 計画にゆとりを持ちましょう

厳しい気象条件をふまえ、技術・体力・経験に応じた無理のない計画を立てましょう。
過信は禁物です。予備日をとることも忘れずに。

その3 体調を整えて

睡眠不足や風邪などの体調不良は大敵です。
思わぬ事故を招かないためにも、無理をせず、良好な体調で入山してください。

その4 装備・食糧・燃料は十分ですか?

山岳状況にあった登山用具を持参してください。
十分な装備があると気持ちにも余裕が出ます。

その5 情報収集は万全ですか?

入山前に最新の山の情報や天候などをよく確認しましょう。
現地の登山指導員や山小屋関係者、経験者などから意見を聞き、危険箇所の把握をしておくことも重要です。
無線、携帯電話等の通信機器を携帯しましょう。

その6 天候には気を配りましょう

山の天気は急変します。天気予報に常に気を配って行動しましょう。
悪天候が予想されるときには、速やかに行動を中止してください。引き返す勇気も必要です。

その7 経験者と一緒の行動を

未経験者の多いパーティーほど遭難しています。また、単独入山も絶対にやめましょう。
リーダーは、パーティー全体の状況を把握し、無理をさせず、事故防止に万全の体制をとってください。

リーダーの応急時対策

  • 常に、自然条件とパーティーの力を考えて行動してください。
  • 的確な判断と、早めの決断・行動が大切です。
  • 事故に遭ったら、まず冷静さを取り戻しましょう。
  • 全員を安全地帯へ移動させ、今後の行動を検討してください。
  • 自力での下山が不可能と判断したら、できるだけ早く救助を依頼してください。
  • 救助を依頼する場合には、遭難の状況、遭難者の住所・氏名・連絡先・留守本部の連絡先等を確実に伝達してください。
  • 不時露営は日没前に、そして、体力のあるうちに準備してください。
  • 不時露営は安全が第一です。風当たりが強い場所などは避け、雪洞を掘るなどして天候回復を待ちましょう。
  • 不時露営の際は、乾燥した者を肌に付け、あらゆるものを利用して保温に努めて下さい。また、カロリーの高いものを食べ、睡眠をとるように努めてください。
  • 危急時に備え、ツェルトザック・レスキューシート・マッチ・ろうそく・携帯燃料やチョコレート・はちみつ・アメ・乾燥果物・チーズ等の非常食を携行してください。

※ヘリによる救助要請が増えていますが、ヘリの運行は天候に左右されやすいため、飛行できない場合も多いのが現状です。事故に遭わないように心がけて冬山を楽しみましょう。

関連リンク

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページの先頭へ