ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
史跡慧日寺跡
トップページ > 史跡慧日寺跡 > 慧日寺資料館で磐梯とくいつ藝術祭が行われました

慧日寺資料館で磐梯とくいつ藝術祭が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月8日更新

磐梯山慧日寺資料館で磐梯とくいつ藝術祭が行われました

 平成29年10月1日(日曜日)から11月30日(木曜日)まで、磐梯山慧日寺資料館において、磐梯とくいつ藝術祭が開催されました。また、期間中は駅前工房において、薬師坐像の公開制作もあわせて行われ大勢の方が訪れました。
 さらに10月22日(日曜日)に秋の門前市・演芸会、10月28日(土曜日)には東京藝術大学大学院の薬師如来坐像復元制作メンバーによるギャラリートークが行われました。

 ギャラリートークでは、仏像についての基本的な説明や、仏像を鑑賞するときのポイントや見所の紹介などがされました。来館者は、藝大メンバーから直接話を聞ける貴重な機会を楽しむとともに、仏像への理解をより深めました。

 ギャラリートーク 
多くの方が訪れました(慧日寺資料館)

ギャラリートーク
駅前工房の様子(ギャラリートーク)

とくいつ藝術祭
公開制作の様子


このページの先頭へ