ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
史跡慧日寺跡
トップページ > 史跡慧日寺跡 > 磐梯神社の「舟引き祭りと巫女舞」2018

磐梯神社の「舟引き祭りと巫女舞」2018

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月23日更新

磐梯神社の舟引き祭りと巫女舞2016

慧日寺には、国家安全と五穀豊穣を祈るため、古くから御国祭が行なわれてきました。今は大半の儀式が失われましたが、「磐梯神社の舟引き祭りと巫女舞」は貴重な文化財として保護をはかっており、平成17年4月15日に福島県指定重要無形民俗文化財として指定されました。

本年の日程は、下記のとおりですのでぜひお越しください。

日程

巫女舞

日時:平成30年3月21日(水曜日)正午から

場所:磐梯神社境内

当日のスケジュール(予定)

12時40分 ~ 巫女舞
13時30分 ~ 磐梯明神太鼓演奏(悪天候の場合中止)
14時00分 ~ 舟引き祭り

※当日は、会津磐梯町そば協会によるそばの振る舞いを行います。

舟引きに参加される方を募集します

参加希望の方は当日午後1時までに磐梯神社境内にお集まり下さい。

チラシ

チラシ [PDFファイル/353KB]

「舟引き祭り」とは

会津仏教文化発祥の地といわれる慧日寺の祭りとして、歴史を誇る伝統行事。明治に入って磐梯神社に受け継がれました。

舟引き祭りは、飯舟(いいふね)と呼ばれる木舟に米俵を3俵重ね、舟の両端に2本の綱をつけ、氏子が東西に分かれ引き合い3回勝負で、東が勝てば「豊作」、西が勝てば「米の値段が上がる」というその年の作柄を占う神事です。その判定は、磐梯明神が直接姿を現し行ないます。

「巫女舞」とは

舟引き祭りの日に少女たちによって厳かに舞われる舞は、「榊の舞」「弓の舞」「太刀の舞」があり、通常は4人1組で行なわれ、古式の舞が奉納されます。

会場のご案内

周辺案内図

昨年の様子

磐梯神社の舟引き祭り 
磐梯神社の舟引き祭り
巫女舞 
巫女舞
 そばの振る舞い
そばの振る舞い

お問い合わせ

主催 : 舟引き祭り実行委員会

後援 : 磐梯町・磐梯町教育委員会・磐梯町観光協会

磐梯山慧日寺資料館

〒969-3301 福島県耶麻郡磐梯町大字磐梯字寺西38番地

電話 0242-73-3000 ⁄ FAX 0242-73-3480 ⁄ テレビ電話番号:85-6720

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


このページの先頭へ